活字地金彫刻師・清水金之助の本をつくる会



タグ:印刷 ( 2 ) タグの人気記事


清水金之助の本、ついに印刷へ!

「清水金之助の本」、三度の校正を経て、ようやく印刷までたどりつきました!
6月24日、大型の枚葉活版印刷機による本文の刷り出し立ち会いのため、内外文字印刷さんがよく刷りをお願いしているという、櫻印刷さんに行ってまいりました。

d0191266_21545846.jpg

じゃーん! これが組みあがった本文。周囲は解版糸で縛られ、固定されています。

d0191266_21594029.jpg

活版の版にはトンボがないため、仕上がりサイズや折りを考えながら、枚葉活版印刷機の上で版を組み付けていきます。

d0191266_2204124.jpg

試し刷りをしてはチェック。気さくな櫻印刷の長谷さんですが、刷り物を見る目は鋭く光ります。

d0191266_2213663.jpg

今回の本では、もともとは本文に使用する活字を内外文字印刷のモノタイプですべて新しく鋳造する予定でした。ところが、3月11日の大地震の影響でモノタイプが壊れてしまい、手拾いの活字を使用することに。鋳造したタイミングが活字により異なるため、高さが微妙に違っており、文字に濃淡差が。そのムラをなくすために細かく薄紙を貼って圧を調整し、ムラ取りをしてくれました。

d0191266_2234359.jpg

白い紙だけでなく、小さくあちこちに貼られている黄色などの紙も、すべてムラ取りのため。

d0191266_2243593.jpg

何度もムラ取りを繰り返します。

d0191266_226535.jpg

丹念なムラ取りと試し刷りの後、本刷りへ。こうしてどんどん刷り上がっていきます。

この翌日、25日には、口絵カラーページ(この部分はオフセット印刷)の刷り出し立ち会いに、装幀の名久井さん、編集の津田さんが行ってくれました。幾人もの熟練した職人さんたちの技術が、この一冊の本を形にしてくれています。このあと製本工程を経て、本になります。みなさまにお見せできるまで、あと少し。どうぞ楽しみにお待ちください!
[PR]
by kinnosuke_kai | 2011-06-25 22:14 | 制作日記

文選・植字を見学してきました

3月31日、板橋区にある内外文字印刷さんに、清水金之助さんの本の文選・植字の様子を見学しに行ってきました。

d0191266_141751.jpg

d0191266_134172.jpg


2月26日にアップした記事にあるように、今回の本は当初、モノタイプ(活字自動鋳造植字機)を用いて必要な活字をそろえ、手作業での植字→校正→印刷と進む予定でした。制作過程を記録・撮影したいというこちらの要望もあり、モノタイプの作業を3月12日(土)に行う予定にしていたのです。……そう、東日本大震災の翌日でした。

震災当日の夜遅くに「延期」の連絡をとりあい、翌朝、内外文字印刷さんにお電話したときには、「活字ケースが落ちて大変な状態だが、機械は大丈夫そう」とのことでした。見た目には特に損傷は見受けられなかったそうです。ところがその後、動かしてみたところ、きちんとした活字が鋳造できないとのご連絡をいただきました。

このため、清水さんの本は文選(原稿にしたがって活字棚から活字を拾い、文選箱に納めていくこと)から手作業で行うことになりました。見学、撮影にうかがいたいという私たちのために、内外文字印刷さんでは当日までに、作業に支障がないよう活字ケースを馬棚に戻してくださったようです。訪れてみると、別の棚にはまだおさめられていない活字ケースがいくつか床に置かれていました。ほんとうに大変ななか本づくりを進めていただけることに、改めて感謝しながら、作業を見せていただきました。

d0191266_152137.jpg

▲清水金之助さんの本の原稿と辞書、そして活字。

d0191266_161974.jpg

▲文選の様子。原稿を見ながら、一文字一文字、棚から活字を拾っていきます。拾った活字は文選箱へ。

d0191266_1252195.jpg

▲文選された活字を、原稿と組み付け指定を見ながら、植字職人さんがあっという間に組み上げていきます。スペースにはインテルや約物を入れ、またたくまに体裁を整えて組み上げていくあまりの速さに驚きました。見学陣から思わず「ブラインドタッチ!」という言葉がもれたほどのスピードでした。

d0191266_1243727.jpg

▲組み上げると、崩れないよう1頁ごとにタコ糸で縛り、固定します。

d0191266_1111820.jpg

▲そして校正機で校正刷り。

d0191266_112118.jpg

▲刷り上がった校正刷りがこちら。本文の1頁目です。ゲタ(〓)がずいぶんあるのがわかります。ゲタとは、ない活字の代替として入れられたもの(余っている活字を逆さにして埋め込む)。「学校」の「校」や「夜」など、普段なら当然ある文字がゲタになっているのは、地震後、活字がケースから落ちてしまい、必要な活字がまだ鋳造しきれていなかったためです。

このような感じで、文選から校正刷りまでをひと通り見せていただきました。今後、順次校正を出していただき、校了まで進めていくかたちです。震災後、落ち着くまでしばらく進行が止まっていたこと、手作業での文選となることから、当初予定していたよりも、刊行が遅れてしまうかもしれません。でも、職人さんが一字一字ていねいに拾ってくださっていますので、どうか皆様、しばらくお待ちいただければ幸いです。
[PR]
by kinnosuke_kai | 2011-04-04 01:26 | 制作日記


「活字地金彫刻師・清水金之助の本をつくる会」のお知らせを綴るブログです。
カテゴリ
全体
お知らせ
制作日記
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧