活字地金彫刻師・清水金之助の本をつくる会



清水金之助さんご逝去

活字地金彫刻師 清水金之助さんが、去る2011年12月26日に逝去されました。あと2週間ほどで90歳を迎えられるというところでした。

清水金之助さんは1922(大正11)年1月10日生まれ。14歳の時、種字彫刻の名人・故馬場政吉氏に弟子入りし、戦後独立。東京都大田区に工房を構え、岩田母型 (東京都大田区)や芦田母型(同)、関西方面からの注文も受けて、種字の地金彫刻を手がけていました。ベントン母型彫刻機の普及に伴う電胎母型の衰退により、一度は彫刻刀を置きました が、2004年、活字研究会の要望に応じて地金彫刻を再開。以降、実演会を多数開催し、その技術を私たちに伝えてくれました。笑顔で気さくにお話をしながら、手はまったく止めることなく、マッチ棒ほどの軸に下書きなしで逆字を彫り上げていくさまは、まさに神業でした。

昨年7月に実演会を開催した後、「涼しくなってきたから、ここらでもう一度、実演会をしましょうか」とお電話をくださったのに、開催に至らぬままにお別れとなってしまいました。

いまとなっては、昨年9月に逝去された奥様、そして清水さんがお元気なうちに、清水さんの聞き書きをまとめた本『活字地金彫刻師 清水金之助 ――かつて活字は人の手によって彫られていた――』をつくり上げることができたことが救いです。本が届いた日、奥様が電話口で涙ぐみながら「すごいわねえ、本当にありがとう」と何度もおっしゃってくださった声が、いまでも耳に蘇ります。これもひとえに皆様のご協力、ご声援のおかげです。心より御礼申し上げます。

失った存在のあまりの大きさに打ちひしがれ、しばし呆然としましたが、清水さんが私たちに伝えてくださった技と心の素晴らしさを次代に語り継ぎ、残していくことが、私の役目と思っています。

清水金之助さんのご冥福をお祈り申し上げます。
清水さん、これまで本当にありがとうございました。

2012年1月5日
清水金之助の本をつくる会
雪 朱里
[PR]
by kinnosuke_kai | 2012-01-05 11:16 | お知らせ
<< 『活字地金彫刻師・清水金之助』... 【受付終了】『活字地金彫刻師 ... >>


「活字地金彫刻師・清水金之助の本をつくる会」のお知らせを綴るブログです。
カテゴリ
全体
お知らせ
制作日記
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧